住宅のメンテナンスについて

住宅のメンテナンスについてですが

住宅も自動車や電化商品同様

年月と共に 劣化いたします

自動車は6年で減価償却します

住宅は木造は30年 鉄骨住宅は35年で減価償却します

かといって30年間 壊れないというものではありません

住宅も10年に一度は メンテナンスが必要です

例えば外部ベランダはFRP防水にペンキ仕上げですが

毎日 太陽光や風雨にさらされています

住宅地の条件や使用頻度にもよりますが

早ければ3~5年でペンキが剥げてきます

窯業系サイディングのコーキングは8年~10年で劣化します

住宅内部の既製品ドアや引き戸は ビス調整が効きますが

荷重をかけると調整が狂います

荷重がかかりすぎれば本体が破損することもあります

IHクッキングヒーターなどはメーカー発表寿命は約10年ですが

実際には7~8年で壊れることもあります

魚焼器を頻繁に使用すれば3年で壊れた方もいます

住宅も人が作った工作物です

激しい使用は破損の原因になります

優しくとは申しませんが 普通に使用頂きたいと思います

毎日使用する住宅ですからメンテナンスは必要です