建築ポリシー

みさとハウジングの建築ポリシー 耐震について

こだわりの耐震工法・省令準耐火構造

みさとハウジングは、地震に強い安心できる住宅づくりをモットーにしています。
耐震工法に力を入れており、【トステム テクノスター工法】を採用しております。 テクノスター工法を採用することで、耐震等級の最上位「耐震等級3相当」の住宅となります。テクノスター工法は構造材に集成材を使用し構造材そのものの強度も1,3倍~1,7倍と強くなります ※耐震等級3相当を取得するには、耐震等級3用の基礎工事及び耐力壁が必要となります。

省令準耐火構造にて建築致しますので 火災保険料が最大70%軽減できます。

断熱について

断熱・省エネ住宅

2030年基準のゼロエネ住宅(光熱費が¥0の住宅)を標準と考えておりますので断熱工事については日本アクア社の現場発泡ウレタンを標準採用し屋根には最低100㎜以上壁には最低75㎜以上発泡ウレタンを吹付しています  パネル工法がご希望の場合はリクシル社製のスーパーウオール工法を採用しており 高耐震性能だけでなく、優れた断熱性能で、夏涼しく冬暖かい住宅を実現できます。

夏場は涼しく 冬場は暖かく 湿度調整・花粉の除去までしてくれる第1種機械換気システムを搭載いたしております
もちろん次世代省エネ基準をクリアしております。

窓はリクシル社の断熱サッシサーマルが標準仕様で玄関ドアはK2もしくはK3仕様です

ガラスはLOW-Eペアガラスもしくは断熱ペアガラスが標準仕様です

当社建築の住宅は平均光熱費は1か月1万円未満です

防犯

防犯性の高い建材を使用

玄関ドアの鍵はもちろんですが 防犯性能を希望されるお客様には防犯ガラスを使用をお勧めしています。
住宅全体にシンプルモダンサッシを使用することで防犯性能を高めることができます。

シンプルモダンのサッシは、デザイン性だけでなく防犯にも配慮したサイズ設定がされているので、ガラスを破壊されても侵入されてにくい特徴があります。